マンション投資や先物取引などの業|ファンタスティックファイナンス

グラフ

市内で収益物件探し

高額化する投資金額

アパート

アパートやマンションなどの収益物件への投資が全国的にブームなっており、特に大阪市内では高額物件が大人気です。そのために1つの物件の取引金額も1億円を超えるケースが多く、特に大阪市内中心部の一棟売りのマンションやオフィスビルであれば、5億円以上のケースも多いです。また個人投資家も大阪市内の収益物件を積極的に購入しており、その場合でも5000万円以上の価格帯がメインです。そのために個人であれば富裕層を中心に大阪市内の収益物件を購入するケースが多く、最近では海外投資家の購入も増加傾向です。特に所得が著しく増えた新興国の富裕層が収益物件を購入するケースも多く、その場合には複数の物件をまとめて購入されることが多いです。

ブームになった理由とは

大阪市内の収益物件がブームになった理由の一つは、株式の値上がりで不動産購入へのゆとりが生まれたことです。そのために保有株式が多い個人投資家であれば、その一部を売却して市内でアパートやマンションを購入するのが静かなブームです。また不動産はインフレにも強いのが特徴的であり、分散投資を考えて購入する人も増加傾向です。更に超低金利で預貯金の利息が少ないために、安定したインカム収入を求める人たちの増加が特徴的です。そのために運用利回りを重視して不動産を購入するケースも多く、情報サイトで10パーセント以上の利回りの物件を選ぶ傾向も強いです。更にローン金利も低いので、自宅を担保にして不動産投資を始めるケースも増えています。